キャットフードを食べない

猫にはキャットフードをあげるのは常識的なことです。
中には人間の食べているものをあげる家庭もあるかもしれませんが、これはまず身体に悪いので避けた方がいいでしょう。
ただ、せっかく買ってきたキャットフードでも、猫が全く食べてくれないということもあると思われます。

猫がキャットフードを食べない原因として考えられるのは、年齢、体調、わがままといったことです。
猫の食欲が落ちるのは16歳くらいからと言われていますから、それに該当しない場合は体調もしくはわがままが原因と思っていいでしょう。
体調が原因と思われる場合は、しっかりと猫の挙動をチェックしておきたいところです。
毎日の動作の中で、これは普段行なわないなと思える動作があれば、キャットフードを食べない理由は体調不良であると考えられるのです。

このどちらにも当てはまらない場合、単なる猫のわがままだと考えられるわけですが、わがままが判明したら、飼い主としてキャットフードのやり方に問題が無かったかを思い浮かべてみてください。
好んで食べていたキャットフードを変えてしまった、おやつのキャットフードを与えすぎていないかなどです。
猫は根本的にわがままで食事にムラがある動物ということを理解しておくことが大切です。
餌を与えた時、30分くらいで引き上げることを何度か繰り返すことがわがままを直すのに有効的とされています。
原因がどうしても分からない場合には、獣医に相談することをおすすめします。


■管理人推奨サイト
どんな種類の猫でも食べることが出来る、原材料にこだわって作られたプレミアムキャットフードの通販サイトです > プレミアムキャットフード